ビハククリアとニベアの使い方とかシミについての口コミは?

ビハククリア×ニベア/いろいろな使い方が口コミで話題に!!

ハンドクリームとしてロングセラーを誇るニベア青缶。保湿クリームをして優秀なニベアですがネットではそれ以外にもいろんな使い方が話題になっていますね。

「パックとして使う。」「〇〇に混ぜる。」「〇〇と併用してみる。」などなどその使い方もバリエーションに富んでいます。

中には「いくらなんでもそれは邪道でしょ!」なんていうのも多々あるようです。

そして美白効果があるといわれるスキンケアアイテムと併用することでその効果がアップするという噂もあるということです。

オールインワンジェルのビハククリアもそのひとつ。

「実際に美白効果がアップするの?」「使い方は?」など気になっている方も多いのではないでしょうか?

ここではニベア青缶とビハククリアでその美白効果があがるのか?併用のしかたなどもあわせて解説してみたいと思います。

ビハククリア×ニベア/この2つを併用しても良い?

ビハククリアとニベアを併用することで美白効果がアップするのかをそれぞれの配合成分からみていきましょう。

ビハククリアの美白効果

ビハククリアの有効成分として厚生労働省から美白効果が認められているプラセンタを配合しています。

このプラセンタはシミやソバカスの原因とされるメラニンの生成を抑え排出を促進する働きがあることが知られています。

また新陳代謝を促す働きがあり肌のターンオーバーを促進させる働きが期待できます。

つまり肌の細胞の代謝を促進させることで肌に溜まった老廃物を押し出すことでシミやくすみなどの肌トラブルを防ぎ美白効果を期待できるのです。

ニベアの成分について

ニベア青缶の配合成分です。

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルトデ力ノール、ジステアリン酸AL、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

ニベアはその配合成分の多くが油分から構成されています。だから保湿には優れているクリームです。

しかし残念ながら美白成分はひとつも配合されていません。

美白効果が上がるわけではない

ビハククリアにはプラセンタという美白の有効成分が配合されていますがニベアには美白成分は配合されていません。

SNSでの「ニベアを塗ると美白になる。」という噂は残念ながら根拠のない話なのです。

ではなぜ美白になるという噂が話題になっているのでしょうか?

ニベアを塗ると実際に肌が白く見えるのですが実はニベアには配合成分のなかに白い粉が含まれているのです。

「ジステアリン酸AL」と「ステアリン酸Mg」というのがその成分。

これが「ニベアを塗ると肌が白くみえる。」という噂の原因なのです。

ニベアを使うことでシミソバカスの根本解決にはならないのですね。

肌を一時的に白く見せるのみの効果ということになります。

ただ保湿力が高いというのは事実なのでビハククリアの保湿力を補うことは可能です。

ビハククリア×ニベア/正しいシミへの使い方は?

ではビハククリアとニベアを併用するにはどんな使い方が良いのでしょうか。

この2つのアイテムの正しい使い方を解説してみたいと思います。

ビハククリアとニベアの使い方

ビハククリアを塗るのは1日2回、朝と夜の洗顔後の肌が清潔な時がベスト。

理由は肌がキレイな時が一番成分の浸透がいいからです。

ビハククリアの適量は真珠の粒2個分ほど。

これを手のひらにとって手のひらで温めます。こうすることで肌へのなじみが良くなります。

そして額、両ほほ、アゴ、鼻において内から外へ塗り広げてください。

首からデコルテにかけてケアしても効果的です。

そして両手でハンドプレスして完了です。

5~10分ほどおいてビハククリアが肌に馴染んだのを確認してからニベアを適量手に取ります。

こちら既に浸透しているビハククリアの保湿を補うためのふたをする役割となります。

ニベアは固めのクリームなのでこの時も体温であたためてからビハククリアと同じ要領で顔全体に塗り広げて完了です。

ニベアは油分が多いのでつけすぎるとニキビになる恐れがありますから量を調整してくださいね。

また油分が多い分、日焼しやすくなるので日焼け対策も行ってください。

ニベアパックの手順は?

ニベアを使ってのパックも有名ですよね。こちらの併用の仕方も解説しておきますね。

まずパックだからといってニベアとビハククリアを混ぜるのはNGです。

この2つを混ぜてしまうと双方の効果が発揮できなくなってしまいます。

「ニベアでパック→洗顔→ビハククリア」この手順で行いましょう。

パックは洗顔後にやや多めにニベアを塗ります。そして15分ほど放置します。

この間は「入浴する、スチームで温める、ラップをかぶせる」などしてしっかり浸透させるとなお効果的です。

そしてしっかりめに洗顔してニベアの油分を落とします。

それからビハククリアを通常通りの方法でつければ完了です。

ニベアパックは皮脂を落とす役目をしてくれるのでその後のビハククリアをつけた時の浸透が良くなることが実感できると思います。

ビハククリア×ニベア/まとめ

ニベアとビハククリアの併用の仕方を解説してみました♪

いろんな使い方で人気のプチプラアイテムのニベアですが油分がメインのクリームなのでニキビには注意!

顔に塗る場合は薄くふたをするイメージで使うのがおすすめです。

また油分が多い分、紫外線対策をしっかりしておくのも覚えておいてください。

これらを踏まえて使えばその優れた保湿力はすでに折り紙付き。

ビハククリアの美白効果を大いに引き出してくれますよ♪

ビハククリアの口コミを見てみる>>

オールインワンジェルのおすすめランキングはこちら>>

タイトルとURLをコピーしました